法律を守って正しく出会い系を利用しよう

法律を守って正しく出会い系を利用しよう

理想の相手とネット上で知り合える出会い系サイトにはいくつかの守るべきルールがあります。以下の3つの法律を遵守して気持ち良く出会い系サイトを利用しましょう。

一つ目は「児童買春・児童ポルノ処罰法」

出会い系サイトを利用するにあたって絶対に覚えておきたい法律があります。それが児童買春・児童ポルノ処罰法です。原則として出会い系サイトは18歳以上しか利用することができません。18歳未満の方が利用することは法律で禁じられていますし、もしも出会い系サイトを通じて知り合った人が後に18歳であることがわかったら大人としてきちんと節度ある対応をとりましょう。
もしも出会い系サイトを通じて18歳未満の女性と知り合い、性行為に至った場合、児童買春・児童ポルノ処罰法が適用されます。児童買春をすると5年以下の懲役若しくは500万円の罰金を処せられます。当然、逮捕されれば職場や家族にもその事実は知れ渡ります。児童買春が原因で会社を解雇されることも当然あり得ます。原則18歳以上の出会い系サイトですが、どこで未成年者と知り合うかわかりません。もしも出会い系サイトで知り合った相手が若そうだと思ったら、きちんと身分証明書などを提出してもらい、本当に成人かどうか確認しておきましょう。

二つ目は「売春防止法」

日本には売春を防止することを目的とした売春防止法があります。女性が金銭を目的に性を売ることが禁止されていることはもちろんですが、そのお客となる行為もこの売春防止法により禁止されています。つまり、出会い系サイトの掲示板で女性がお客を募ることも、反対に男性がお金で女性を求める行為も法律で禁止されているということです。
しかし、いくら法律で禁止されているといっても、出会い系サイトの掲示板には売春を匂わせる怪しい掲示板が乱立しているのも事実です。もしもこのような掲示板を見つけ、連絡をし、会う約束を漕ぎ着け、実際にお金を払って性行為をしてしまうと買春防止法に抵触することになります。法律で禁じられていることは勿論ですが、出会い系サイトは真面目な出会いを探す場所です。お金を使って出会うなんてことは止めましょう。

三つ目は「出会い系サイト規制法」

出会い系サイト規制法は平成15年に制定、その後平成20年に改正、同年12月1日に施行された出会い系サイトに関する法律です。同法が制定された背景には出会い系サイトに関連した悪質な犯罪が急増したことにあります。出会い系サイトは18歳未満との出会いを誘発、犯罪の温床となりやすい環境があるため、児童を犯罪から守るために同法が施行されたのです。
出会い系サイト規制法が施行されたことで、まず未成年者の出会い系サイトの利用が禁じられました。さらに、掲示板に児童の交際を求めるような書き込みや、性交を求める書き込みをすることも禁止されました。出会い系サイト規制法の禁止事項を破って異性と交際、もしくは性交した場合、処罰の対象となります。さらに、出会い系サイトには禁止行為を届け出る義務がありますので、一度違反行為が見つかるとほぼ確実に通報、処罰されます。

おすすめ出会い系サイトをピックアップ!

サイト名 評価点 料金体系 口コミ数
xoxo(キスキス) 2.14pt
評価0
ポイント制 7件
Mコミュ ( エムコミュ ) 2.50pt
評価0
基本無料 8件
アイル 3.83pt
評価0
ポイント制 18件
YYC 3.79pt
評価0
ポイント制 19件
ASOBO 3.55pt
評価0
ポイント制 20件

全てのサイトランキングを見る

おすすめ出会えるアプリをピックアップ!

アプリ名 評価点 料金体系 機種 口コミ数
pures(ピュアズ) 2.25pt
評価0
4件
ひまんちゅ - 無料テレビ電話 2.14pt
評価0
無料 7件
ゼクシィ恋結び 1.60pt
評価0
アプリ内課金 5件
デリシャス 1.29pt
評価0
アプリ内課金 7件
出会い系ズキュン 2.71pt
評価0
7件

全てのアプリランキングを見る

優良サイトランキング

2位 ハッピーメール

口コミをチェック!

3位 メルパラ

口コミをチェック!

4位 ラブサーチ

口コミをチェック!

5位 ワクワクメール

口コミをチェック!

体験談カテゴリー

RSS

ページTOP